カテゴリ:アトピーと遺伝の関係( 1 )   

大人のアトピー改善講座第五回 アトピーと遺伝   

大人の亜tピー改善講座第三回は

アトピーと遺伝です。

アトピーの両親を持っている子供の場合
遺伝的に皮脂が非常に少ないと言われている。

近年、皮膚の一番表面の角層に存在する脂質である
セラミドが少ないという報告があり

セラミドの生成に関わる遺伝子が注目されている。
角層の異常に起因する皮膚の乾燥と
バリアー機能異常という皮膚の生理学的異常の
分子レベルの解明が進んでいる。

遺伝子の解析により、マスト細胞、好酸球にIgE抗体を結合させる
レセプターや、サイトカインのうちアレルギーの炎症に関与するものの
遺伝子が集中している遺伝子座がアレルギーと
関連していることが明らかになっている。

しかし統計的に見てみると

アトピーの両親からアトピーの子供が生まれる確立は
アトピーでない両親から生まれる可能性と比べて

5%程度しかなく、そこまで大きな違いはないといわれている。
[PR]

by masaki12_28 | 2007-06-05 08:19 | アトピーと遺伝の関係